フリーラジカル・活性酸素を除去します

フリーラジカル・活性酸素は人の体内で作られ、生きる上で大切なものですが
過剰に増えれば心身に悪影響を及ぼします。

放射線・公害・喫煙・飲酒・ストレスなど、様々な要因から
体内で増えると早期の老化・ガン・パーキンソン病などを
発症することがあります。

病気の発症

放っておけば増え続けますが、過剰なフリーラジカル・活性酸素を打ち消す力を持った
抗酸化作用のある食品や療法を取り入れることで改善することができます。

活性酸素には悪玉菌と善玉菌がいます。水素点滴は悪玉活性酸素のみを除去し、
有効な活性酸素はそのまま体内に残ります。

エイジングケアとして注目されている水素点滴ですが、パーキンソン病や
ガン、糖尿病、リウマチなど様々な症状を改善に導きます。

水素点滴による副作用は少なく、注射に伴う内出血や血管痛が考えられます。

抗酸化力のある療法で副作用が少なく、他の療法との併用で相乗効果が期待できます。
パーキンソン病の療法として知られているグルタチオン療法もその一つです。

グルタチオン療法は強い解毒作用があります

体内に活性酸素が過剰に増えることにより、心身に悪影響が出てきます。
シミやシワなどの老化現象だけでなく、ガンや痴呆なども発症することがあります。

パーキンソン病も発症することがあり、一度発症すれば自然に良くなることはありません。

パーキンソン病へのグルタチオン療法が受けられる医療機関が
日本では少ないものの、効果のある療法として注目されています。

グルタチオンはグルタミン酸・システイン・グリシンという
3つのアミノ酸から統合したトリペプチドです。

身体のほとんどの細胞で生産されますが、特に肝臓で多く作られ、
体内に入ってきた毒を解毒させる働きがあります。

グルタチオンが大量にあることで、解毒作用も正常に進みますが、
残念なことに容易に枯渇しやすいという性質があります。

グルタチオンは点滴により治療を行いますが、水素点滴と併用することで
相乗効果を発揮します。水素点滴は血管内の悪玉活性酸素を取り除き、
グルタチオンが体全体に行き渡るようサポートします。

点滴の併用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)