副作用が少ない水素点滴

水素点滴は、様々な疾患に効果があるとして
期待されている治療方法になります。

例えば、気管支喘息などの呼吸器系疾患や心筋梗塞・
動脈硬化などの循環器系疾患、糖尿病のような代謝性疾患、
アルツハイマー病などの脳神経疾患、アルコール性肝炎
などの肝疾患があります。

また、がんにも効果があるとして注目を浴びるように
なりました。どうして水素点滴にこのような働きが
あるのかというと、水素は強い抗酸化作用を
持っているからです。

ヒドロキシラジカルやペルオキシナイトライトといった
酸化力の強い活性酸素を無毒化することができます。

抗酸化作用を持つ物質は他にも色々ありますが、
水素はその中でも特に強い抗酸化作用があると
いわれています。

その抗酸化力は、抗酸化物質として知られる
ビタミンCの100倍以上もあります。

活性酸素は老化の原因となる物質と考えられており、
肌にシミなどができる要因にもなってしまいます。

それから血管の内皮細胞が活性酸素によって
ダメージを受けると、動脈硬化が引き起こされたり
がんになるリスクが高くなることが分かってきています。

点滴によって水素を送り込むことで、水素と活性酸素を
反応させて除去することができます。

水素と活性酸素が結びつくと、水になって体の外に
排出されていきます。

水素点滴のメリットには、副作用がほとんどないことが挙げられます。

活性酸素と水素が反応しても水に変化するだけなので、
体に有害な物質が生まれるわけではありません。

そのため安心して利用することができます。

薬の副作用の怖さ|副作用なしで疾患は治せるの?

薬には、疾患を治す主作用と、人間の体にとって
害となる副作用とがあります。

基本的にこの2つはセットで、副作用のない薬は
ないと言うことが出来ます。

勿論薬の効果に個人差がある様に、副作用にも
個人差があると言えますが、あまり副作用が強く
生活に支障が出る様なら、薬を別のモノに変えて
様子を見る必要があります。

ただ効果が強い薬程副作用も強い傾向があり、
サプリメントなどは副作用の心配はほとんどありませんが
その分効果も少ないと言えます。

つまり、風邪などの薬を飲んで安静にしていれば
治るような軽い症状なら、薬を飲んでも副作用は
ほとんどないと言えます。

ですが、薬が欠かせない程の症状なら、副作用なしで
治すことは難しいのが現状です。

ちなみに薬の副作用で多いのがアレルギー反応で、
25%から30%程と言われています。

人間には免疫機能があり、体から異物を排除しようとする
働きがあります。

そして免疫機能が過度に反応した状態を指します。
何も薬に限ったことではなく、花粉症もその一種ですし、
食べ物やハチに刺された時などにも起こります。

また薬の副作用は最初は軽症であっても、継続して
飲み続けることで、重症化する恐れがあります。

ですので、薬によって何かしら疾患が出た場合は
例え軽い症状でも医師に相談するようにしましょう。

他にもこのような体質は遺伝しやすいので、
家族に薬に対して過度な副作用がでる人がいる場合は
その旨も伝えておく必要があります。

副作用が無い

水素でできること

また、水素を体内に取り込む方法としては水素水を飲んだり
水素風呂に入るといった方法もあります。

しかし、それだと活性酸素が存在している細胞にまで
到達することは難しいのです。

水素点滴の場合にはダイレクトに水素を取り込むことが
できるので、活性酸素に届きやすくなります。

結果的に効果も現れやすくなり、多くの医療機関などで
活用されるようになってきました。