シミ取り皮膚科のシミ取り治療の流れ

シミ取り皮膚科での治療の流れは、洗顔後の肌の状態を確認し、
カウンセリング。その後、肌の状態とシミに合わせた治療が
基本的な流れになります。今後

アフターケアでスキンケア用品を出してくれるクリニックもありますので、
施術メニューをよく読み、不明な点があれば医師やスタッフに
確認をとってください。

経過次第では再度治療を受ける必要があります。
シミ取り皮膚科で一般的なレーザー治療。
この治療の流れは患部にレーザーをあてる、シミの色が飛び
真っ白になる、患部が赤くなりむくみが出る、数時間後には
むくみが引いて、コンシーラーで隠せるようになります。

一週間ほど経過すると瘡蓋になり、それが剥がれ落ちると
綺麗な皮膚が見えます。感染の恐れ

治療期間中には戻りジミと呼ばれる一時的な炎症性色素沈着が
起こりますが、半年程度で治まります。

治療の中には軽度の痛みを伴うものや、ごく稀に
感染症を起こしてしまうものもあります。

リスク、メリット、デメリットをよく把握したうえで治療を受けましょう。