シミ取り皮膚科・形成外科でできること

シミの種類には老人性色素斑やソバカス、肝斑、炎症性色素沈着、
大田母斑などたくさんあり、また混ざりあっている事もあります。

そのためシミの種類を見分ける知識や経験がある、専門の
シミ取り皮膚科や形成外科との出会いが必要になります。

例えばシミの治療に用いられるレーザーを
照射してしまうと、刺激となり肝斑は
更に悪化してしまいます。照らす

シミ取り皮膚科で使用する内服薬には、
肌のターンオーバーを促進し
メラニン色素を押し出すため
トラネキサム酸や美白効果や
コラーゲン生成を促進する
ビタミンCなどがあります。

また塗り薬も処方される事が多く、漂白作用のあるハイドロキノンや
メラニン生成を阻害するアルブチンやビタミンA誘導体などがあります。

薬と併用してレーザーが用いられますが、
ほとんどのシミに効果があります。意味がある

現在では肝斑にも使用できる特別な
レーザーもあります。
浅い部分のシミにはレーザーより
肌に優しいフォトフェイシャルも
効果があります。

シミの種類によっては癌化したり、間違ったケアで悪化しますので、
シミ取り皮膚科や形成外科での治療が最適です。

コメントする

WP-SpamFree by Pole Position Marketing