シミ取り皮膚科:シミ取り治療の効果

シミができる原因は、紫外線やホルモンバランスの乱れ、
老化などといわれています。

メラニン色素が肌に沈着し、茶色を帯びているシミは、
見た目の印象が老けて見えるため、悩む人も多いです。

効果を期待して悩みを解消するには皮膚科の
受診がおすすめです。
シミ取り皮膚科による治療は、
外用薬、内服薬、
レーザーが主な方法です。

外用薬においては、真皮細胞を
生まれ変わらせるターンオーバーを促すことで
メラニンを排出できる軟膏や漂白作用のある
軟膏が処方されます。

色をつける内服薬においては、メラニン発生を
抑制したり、色素沈着の緩和、
美白効果の得られる成分が
配合されたものを服用することで
シミ予防、改善に導きます。

レーザー治療は、長年沈着した
メラニン色素に反応し、他の部分の組織を壊すことなく
シミを撃退できるところが魅力です。

シミ予備軍にも反応する機器もあります。
このようにシミ取り皮膚科でできる治療はさまざまあります。

効果の表れ方は個人差がありますが、自分に合った治療法を
医師と相談して選択することがおすすめです。

コメントする

WP-SpamFree by Pole Position Marketing